ホーム > 塗り替えをお考えの方へ > 塗材(塗料)&工法

塗材(塗料)&工法

ケレン(さび落とし等の下地処理)と塗料の関係について

鉄骨やガードレール・橋梁などの鉄面の厚みがある場合は、1種ケレンや2種ケレンが出来ますが、通常トタン面などをケレンして錆を落とすには3種ケレンという手工具を主に使います
以下のことを考えて材料の選択をします。

1.ケレングレード
2.錆止め塗料の選択
3.環境にあった上塗り塗料の選択


どんなに上塗り塗料を良いものを使っても、下地によってはかえってマイナスになる事もあります。

現場で施工する場合、同じ塗料を使っても錆の出やすい部分が有ります。
ボルト部・鉄骨階段等の接合部などはとくに錆が出やすい個所です。
ケレンが十分できない個所や溶接などで鉄面に起きているためです。

ケレンと塗料の種類
ケレンの種類・工法
錆止め塗料の種類
1種ケレン
ブラスト工法
2種ケレン
電動工具
3種ケレン
手工具
一般用錆どめ(JIS-5621)
鉛丹錆どめ(JIS-5622)
シアナミド鉛錆どめ(JIS-5625)
塗り替え用エポキシ錆どめ ×

塗料(塗材)は色々な種類があります。

なぜかといいますと使う場所・下地等によって使いわけるからです。
塗装する面がどのような物を使用しているか、又、現在の状態はどんな様子か? など考えながら使用する材料を決めていきます。
下地塗装に何を使用するかによっても、上塗り用の塗料はかわってきます。
錆止め塗料に選択はケレン作業(錆を落とす事)との関係が深く、ケレンの内容によっては使えない塗料もあります。

通常、住宅の塗り替えの場合3種ケレン(手工具を利用)を行いますので、上塗り塗料で使えない材料もあります。
下記に当店で通常塗り替え時に使用している主な材料と、特性を掲載しますので御覧下さい。

錆止め塗料
シアナミド鉛錆どめ(1種・2種)鉛丹に比べ塗布量が少なく経済的なシアナミド系の高級品
2種は速乾形(一般的に使われる材料)
鉛丹錆どめ(1種・2種)高純度の鉛丹を使用しており、防錆性が優れる
超速乾形カラー錆止め汎用錆どめ
鉛丹ジンクロメート錆どめ速乾形・防錆性・耐水性
1液型速乾エポキシ変性錆どめ速乾形、幅広い下地選択が可能
弱溶剤形エポキシ変性錆どめ幅広い下地選択が可能
錆どめ塗料
合成樹脂調合ペイント耐水性の優れた合成樹脂調合ペイント
特殊アクリル樹脂塗料光沢がよく、耐侯性に優れる
ウレタン樹脂塗料耐侯性にすぐれ、幅広い下地特性がある
エポキシ樹脂系上塗り塗料耐水性・耐薬品性にすぐれる
低汚染フッ素樹脂系塗料汚染性・耐侯性・耐薬品性が極めて良い
ポリウレタン樹脂塗料耐水性・耐薬品性・速乾性にすぐれる
錆どめ塗料
塩化ゴム系上塗り塗料汚れが少なく耐酸性良好
塩化ビニル樹脂エナメル耐酸性・耐ガソリン性にすぐれる
アクリル系リシン外装薄塗材
水性艶ありエマルション塗料光沢・耐水・耐アルカリ性がよい
アクリル系塗料耐侯性・耐水性・耐汚染性にすぐれる
ウレタンアクリル樹脂系塗料
水性反応硬化形ウレタン樹脂塗料美しい塗膜を維持・耐侯性・耐汚染性にすぐれる
水性反応硬化形シリコーン樹脂塗料
アクリル樹脂弾性塗料壁面のクラックを伸びのあると膜で吸収、長期間にわたり
防水性を発揮する幅広い工法が可能
ウレタン樹脂弾性塗料
水性艶あり弾性系塗料
アクリルゴム系エマルション

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

042-495-7258

メールでのお問い合わせ

ページ先頭へ戻る