ホーム > 塗り替えをお考えの方へ

塗り替えをお考えの方へ

外壁や屋根の塗り替えで、見た目も美しく住まいが長持ち。

ご要望・ご予算に沿い、
塗り替えに最適とおもわれる選択をご提案

ひび割れや外壁のきずをそのまま放置してしまうと、 その部分から水分が浸透して建物構造部分の木や鉄筋が腐食してしまい、建物の寿命を大幅に 縮めてしまう原因となります。
お客様の大切なお住まいや建物を、見た目もうつくしく、より永く、そして快適に過ごして頂けるために、自慢の塗装技術でお住まいを守ります。

まずはご自身でチェックを!

このような状態がみられましたら、早い時期の塗り替えをお考えください。

  • カビや藻の発生

    茶色く見れる部分がカビや藻の発生しているところです。
    屋根上部の左右で痛み方が違います。
    日照などによって一軒の家でも同じではないのです。

  • 塗膜の剥がれ

    塗膜がほとんど無くなっています。
    白く見れる部分は、塗膜が無く屋根の材質がむき出しの状態です。

  • カビや藻の発生

    茶色く見れる部分がカビや藻の発生しているところです。
    屋根上部の左右で痛み方が違います。
    日照などにより一軒の家でも同じではないのです。

  • 塗膜の剥がれ

    塗膜が効いていません。
    特に白く見える部分は、ほとんど剥がれている状態です。

  • 塗膜のはくり

    「花が咲いた状態」といいます。
    塗膜の密着が悪く、下地から剥離しています。
    こうなるといくらケレンしても必ず下地と塗膜のあいだに隙間が出来てしまいます。
    密着用塗料を使っても、又剥離してしまう可能性が高いです。

  • 塗膜の剥がれ

    青く見えるのは最初の色です。
    その上に赤錆を塗り上塗りをぬってあります。
    塗膜と塗膜の境目には注意が必要です。

  • 塗膜の剥がれ

    この状態も一部「花が咲いている」ようです。
    錆止めと上塗りの密着が悪いように見られます。

  • コーキング剥離

    目地コーキングが剥がれています。
    雨漏りの原因にもなります。
    また、外壁材やその下の素材にも痛みが出る事があります

  • チョーキング現象

    塗膜の劣化により触ると粉になり、手につくようになります。
    塗り替え時のサインです。

  • 木部の劣化

    玄関の軒天。
    木部に浸透性の防虫剤を塗ってあったように見えます。
    ウッドデッキなどの木部でも見られます。

  • ペンキの剥がれ

    木部のペンキがはがれ花が咲いた状態です。
    木部は節の部分や下部からはがれ安いです。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

042-495-7258

メールでのお問い合わせ

ページ先頭へ戻る