ホーム > Q&A

よくある質問

Qリフォーム瑕疵保障について

リフォーム時における保障の説明

お客様から耐用年数について聞かれることが多々あります。
メーカーより発表されている大体の目安はお答えできますが、施工する立場からは「保障します」という事は申し上げられないのが現状です。

 

湿気の多い場所(現在藻が見られる場所)
     ↓
周辺の環境等にもよりますが、どうしても藻の発生が起こりやすくはなります。


日当たりの差による変色
     ↓
塗装の色によっては目立たない場合もあります。職人にご相談下さい。


塗膜の剥れている部分
     ↓
ケレン等の下地処理をしてから塗装しますが完全に旧の塗膜が 取れる訳ではないのでその部分から剥れやすくなります。

 
リフォーム登録業者(被保険者)がリフォーム工事を行った部分の瑕疵に起因して、不備が生じた場合に支払われる「リフォーム瑕疵保険」という制度があります。
 

保険料を払うことによって万一の時工事金額(80~100%)保障してくれますが、塗り替えの場合は保障期間が1~5年となります。

又、保険料は工事金額100万円に付き「保険料+検査料」として40,000~45,000円位必要となります。

この分は施工業者が支払うお金ではありますが、必要経費として請負金額に算入されてしまいます。


当店では瑕疵保険には加盟しておりません。
それは上記のような理由で塗装の場合はお施主様にとってもあまりメリットがないからです。
保障期間が5年程度では「リフォーム瑕疵保障」に入る必要性を感じません。余程の施工ミスがない限りこの程度の年数では塗膜の剥がれは起きないと思います。

ただし、現状塗膜の剥がれのある場合や鉄骨の錆がひどい場合はこの限りではありません。

極端な色落ちや剥れなど(当店に落ち度がない場合)は塗料メーカー・材料店等と相談の上対処させて頂きます。
当店の施工ミスがあった場合は保険等に関係なく再塗装をさせて頂きます。

Q10年保障?

保障制度について

塗り替え時の保障についてはかなり難しい部分があります。

塗料によって大体の対応年数は表示されていますが、これは大体の目安であり確約できる事ではありません。

一軒一軒のお宅によりかなり状況は違ってきます。
又一軒のお宅でも面によっては痛みの激しい面もあります。
(湿気の多い面・道路に面してる場所・日当たりなど)

地元で大手の建築業者様から「新築時の塗装を10年保障できるか?」と聞かれ、塗料メーカー・材料屋さんに伺ったところ、「メーカーが保障している部分については保証できますが、半製品に関しては保障できません」との事でした。
塗装に関しては半製品の為保障できないということです。

業者様は別途「10年保障できるか?」と色々な塗料メーカーに問い合わせをしたそうですが、どのメーカーからも確約は取れなかったようです。

これは、場所により日照条件・湿気や廻りの環境がすべて違う為塗料の劣化も一定ではない事や、塗り面の状態が一定ではない事、塗装業者によって違いが出るためではないかと推測されます。

専門の職人が現場を拝見し、材料・塗装方法を決めたのであれば塗装のもちも良いのではないかと思います。

当社ではこういったことを合わせまして保障という事は確約しておりません。
塗料は一年一年劣化していくものなのです。
環境も違います。


ただし、施工ミスによる保障は別です。
施工ミスによる塗膜の剥れ等があった場合は、責任を持って補修させていただきます。

Q塗り替えの時期は?

塗料の劣化は必ずしも同じではありません。

工務店さんからこんなお問い合わせがありました。

「1地区で何件も同じ業者が同じ時期に塗り替えをやっているんだけど・・・まだ塗り替えの時期ではないように思うお宅もあるんだけど?」

契約するまでかえらなかった・・・とか
今ならモニター価格で半額にする・・・とか、お客様から伺ったこともあります。

環境によって塗料の劣化は違います。
日当たりの良い家・広い道路に面している家・湿気の多い場所など、いろいろな条件があります。

塗膜のしっかりした所は塗る必要はないと思います。
古い塗膜との密着が悪くなり可能性があります。
当店では痛みのひどくない家(箇所)は塗らないようにしています。
「もう1~2年あるいは2~3年はたってからの方が良いと思います。」と大体の目安をお知らせしています。

足場の関係でどうしても一部だけ塗り残すことが出来ない場合は、古い塗膜をこすり落とし密着をよくしてから塗装するようにしています。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

042-495-7258

メールでのお問い合わせ

ページ先頭へ戻る